新商品 おすすめ商品 燃費向上・性能改善 オイル漏れ対策
レビューの評価: ☆☆☆☆☆

RP-61023 オイルシールリペア

型番:RP-61023

オイル消費の問題を素早く解決!・エンジンオイル消費
・エンジンオイル下がりの症状
 (エンジン始動時やアイドリング時のテールパイプから青色(または白色)の煙が発生)
・硬化したバルブステムシール
・オイルランプの点灯

これまでエンジンオイルの漏れ止め、エンジンオイル下がりの症状にはそれぞれの処方が必要でしたが、これ1本で素早く解決します!


参考基準価格:6,545円(税込) ¥5,236円 (税込)


RP-61023 オイルシールリペア

基本情報

RP-61023 オイルシールリペアは、エンジンオイル消費の問題を素早く解決します。

漏れの程度によっては、エンジンオイルレベルが低下することがあります 。また、一晩動かさなかった車両の始動時にテールパイプから青色(青色または灰色)の煙が出ることがあります。煙や漏れはすぐに気づきにくい症状ですが、オイルは徐々に燃えていきます。オイルシールリペアは特殊配送された高分子ポリマーにより、症状を改善・修復させます。

(効果)
・バルブステムシールから燃焼室へのオイル漏れ(オイル下がり)症状の改善
・タイミングベルトカバー、カムシール、リアメインシールなどの漏れ止め
・オイル消費の減少
・一度の添加で白煙とオイル燃焼を止める

使用量・用法

エンジンオイル4~6ℓに1本
ディーゼル&ガソリン車にご使用いただけます。

仕様
容量:500ml
RP-61023 オイルシールリペア

使用方法

使用量・用法に基づき添加してください。
エンジンオイルを交換する際に、エンジンクランクケースにオイルシールを注入します。
添加時にエンジンクランクケースが満タンにならないように十分ご注意ください。
添加後は基本的に数日の走行によって、商品の効果が現れます。
効果が実感できない場合は部品交換など適正な整備の必要があります。


ご注意

2ストロークエンジンにはご使用いただけません。
添加時にエンジンクランクケースが満タンにならないように十分ご注意ください。

RP-61023 オイルシールリペア

Q&A

オイルシールリペアはあらゆる種類のオイルで動作しますか?
はい、このプレミアム品質の合成配合は、通常の石油、過走行車、合成油、完全合成配合など、あらゆる種類のモーター/エンジンオイルで動作します。

オイルシールリペアはどのように作用しますか?
この製品は、オイル消費の問題解決のために4つの効果で作用します。
1)特別に設計されたシール復活剤は、エンジンの熱、年数、および走行距離に起因して失われたシールのサイズ、柔軟性および弾力性を復元させます。
2)度なシールポリマーはエンジン作動中にシールの周りにポリマー油膜を構築することによって、オイルがシールの隙間からの漏れることを防止します。
3)優れた洗浄機能により、詰まったピストンオイルリングの汚れを溶解し、適切に機能させることできます。
4) 合成ポリマーは、小さな引っかき傷や摩耗痕を埋めて、オイル漏れや燃焼を防ぎます。

オイルシールリペアはどのようなエンジンに使用できますか?
1日に1ℓ以上のオイルを消費しない場合、添加剤を問題なくご使用いただけます。ターボチャージャー、エコブースト、ハイブリッド、さらにはレーシングエンジンを含むすべてのガソリンエンジンとディーゼルエンジンで動作するように設計されています。これは、すべての車、トラック、バン、SUVの3,4,5,6,8,10気筒エンジンを対象としております。

オイル交換のたびにオイルシールリペアを使用する必要がありますか?
ほとんどの場合、オイル漏れは1度の投与で修復されます。
しかし、最良の結果として漏れの再発するのを防ぐためにはオイル交換2回に1度ご使用ください。

オイルシールリペアはオイルフィルターを詰まらせますか?
いいえ、オイルシールリペアには、漏れを塞ぐための粒子が入っておりません。
代わりに、その技術は特殊なポリマーとシールコンディショナーを使用してシールの漏れを安全に止めることができます。
そのため、オイルフィルターを詰まらすことはありません。

オイルシールが漏れる原因は何ですか?
オイルシールの漏れの最も一般的な原因は、経年劣化や長距離走行です。
車両が長期間ガレージに駐車されている場合も、シールが漏れる原因と考えられます。
特に長期間の駐車は、シールの乾燥と硬化を引き起こし、収縮、亀裂、そしてその結果オイル漏れにつながります。

エンジンオイル漏れの症状とは何ですか?
大きな漏れの場合は、車道、駐車場、ガレージの床にオイル汚れが見られます。これらのオイル汚れは通常茶色または非常に暗く、色はほとんど黒色です。漏れ始めると、エンジンの底に汚れた油膜が目立ち、時には周囲のサスペンションやステアリングコンポーネントにもオイル汚れ目立ちます。

オイル漏れには他にどのような原因がありますか?
シールやガスケットの故障ではなく、その他の原因がオイル漏れを引き起こす可能性があります。
オイルをもともと入れすぎている場合、またはPCV(ポジティブ・クランクケース・ベンチレーション)システムが正しく機能していない場合は、漏れが発生する可能性があります。
PCVシステムは、エンジン内部に圧力がかかるのを防ぎエンストしないよう予防するシステムです。故障した場合は、圧力によってオイルが漏れます。この問題を防ぐために、PCVバルブを定期的に洗浄または交換することをお勧めします。オイル漏れは、ひどく摩耗したリングや、クランクケースを加圧してオイルを押し出すピストンの破損によっても発生する可能性があります。最後に、冬の道路で除雪剤(塩化カルシウム)を使用する寒い地域で主に見られるのは、錆びたオイルパンです。この場合はオイルパンの交換が必要になります。

オイル下がりはどのような症状で分かりますか?
1)漏れの程度に応じてオイルレベルが低下することがあります。これは、エンジンオイルが燃焼室に入り込むことで起こります。すぐに点検・対応しないと、オイルランプが点灯したり、油圧計の読み取りが低下したりする場合があります。
2)アイドリング時にテールパイプから青色(または白色)の煙が出る可能性があります。これは、エンジンオイルが燃焼室に下がってくるように侵入するためオイル下がりと言われています。

バルブシールとは何ですか?
エンジンオイルが燃焼室に漏れないように、バルブステムとバルブガイドの周囲にはめ込まれるシールです。ステムシールまたはバルブシールとしても知られるバルブガイドシールは、バルブスプリングの内側のエンジンシリンダヘッドに配置されます。 自動車のエンジンには、8個のバルブシール(最大32個)があります。
これらは吸気バルブと排気バルブに配置されており、バルブステムとガイドが潤滑を受けるため一部のオイルを通過させますが、大量のオイルが燃焼室に入って燃焼するのを防ぐ必要があります。オイルの燃焼量が多すぎると、車両はオイルを消費し、青白い排気煙を放出し、バルブの炭素が蓄積します。これは環境や車両の排出システムに悪影響を及ぼします。
RP-61023 オイルシールリペア

商品レビュー

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆
トップへ カートへ